App Clipの起動エクスペリエンスをテストする方法

Reference

Testing Your App Clip’s Launch Experience

を翻訳したものです。ご参考になれば幸いです。

概要

TestFlightからApp Clipを起動し、App Clipとその起動エクスペリエンスをテストします。

App Clipのユーザーエクスペリエンスには、高速でスムーズな起動エクスペリエンスが不可欠です。重要な要素の1つは、起動時の起動 URLです。その結果、App Clipエクスペリエンスの構成と、起動URLを処理するコードの記述にかなりの時間を費やすことになります。App Clipがスムーズな起動エクスペリエンスを提供することを確認するには、App Clipとその起動エクスペリエンスをテストする必要があります。App Clipの起動エクスペリエンスは、さまざまな方法でテストできます。

  • App Clipのコードに変更を加えるときは、_XCAppClipURL 環境変数を使用して起動URLを構成します。App Clipをビルドして実行し、起動URLを処理するコードをデバッグします。
  • テストデバイスでローカルエクスペリエンスを作成することにより、App ClipカードのデザインとApp Clipの起動エクスペリエンスを確認します。
  • ベータ版を他のユーザーと共有する準備ができたら、TestFlightでテスター向けのApp Clipエクスペリエンスを作成します。

App Clipをデバッグする

起動 URLはApp Clipのユーザーエクスペリエンスにとって重要であるため、起動URLを処理し、App ClipのUIを更新するコードを徹底的にテストすることが重要です。最初のステップとして、シミュレーターまたはデバイスでApp Clipをビルド、実行、およびデバッグします。次に、App Clipのデバッグ時に起動時にApp Clipで使用できるApp Clipへの起動URLを指定します。

デバッグ用の起動URLを構成するには:

  1. Xcodeで、[Product]> [Scheme]> [Edit Scheme]を選択し、App Clipのスキームを選択します。
  2. [Run]アクションを選択します。
  3. [Arguments]タブで、_XCAppClipURL 環境変数が存在するかどうかを確認します。App Clipターゲットをプロジェクトに追加すると、Xcodeはこの環境変数を追加します。存在しない場合は、環境変数を追加します。
  4. 環境変数の値を、テストする起動URLに設定します。
  5. 変数の横にあるチェックボックスをオンにして、変数を有効にします。
  6. App Clipを作成して実行し、NSUserActivityオブジェクトから構成したテストURLにアクセスします。起動URLへのアクセスの詳細については、「Responding to Invocations」を参照してください。

次のスクリーンショットは、_XCAppClipURL 環境変数の値を使用してApp Clipターゲットの実行アクションを構成するためのシートを示しています。

AppClipターゲットの実行アクションを構成するためのシートを示すスクリーンショット。 _XCAppClipURL環境変数の値は設定されていますが、有効になっていません。

Xcodeを使用してApp Clipをデバッグすると、App Clipがすぐに起動し、App Clipカードは表示されません。App Clipの完全な起動エクスペリエンスをテストおよびテストするときに、起動時にApp Clipカードを確認するには、テストデバイスにローカルエクスペリエンスを登録します。

ローカルエクスペリエンスを登録する

_XCAppClipURL 環境変数を活用すると、起動URLを処理するApp Clipのロジックをデバッグするときに役立ちます。ただし、App Clipが、さまざまな起動からの高速で信頼性の高い起動エクスペリエンスを提供することを確認する必要があります。さらに、App ClipカードはユーザーがApp Clipを起動したときの最初の操作であるため、App Clipカードの画像、テキスト、行動を促すフレーズの動詞を調べることは特に重要です。

起動をテストし、ローカルエクスペリエンスでApp Clipカードのデザインを調べるために、App Clipをウェブサイトに関連付けたり、ビルドをTestFlightにアップロードしたりする必要はありません。

ローカルエクスペリエンスを使用すると、次の方法でApp Clipを起動できます。

  • コントロールセンターのコードスキャナーまたはカメラアプリを使用してApp ClipコードまたはQRコードをスキャンします。
  • デバイスを、App Clipコードと連携したNFC、またはNFCタグに近づけるか、コントロールセンターのNFCタグリーダーでスキャンします。
  • SafariのWebサイトで Smart App バナーをタップします。
  • メッセージアプリで他の人が共有しているリンクをタップします。

ローカルエクスペリエンスを使用してApp Clipの起動エクスペリエンスをテストするには:

  1. テストデバイスでApp Clipのスキームを構築して実行し、App Clipがテストデバイスにキャッシュされていることを確認します。たとえば、Frutaサンプルコードプロジェクトでは、指示に従って構成してから、スキームを実行します。サンプルコードプロジェクトをダウンロードするには、Fruta: Building a Feature-Rich App with SwiftUI.にアクセスしてください。
  2. テストデバイスで、[設定]アプリを開き、[Developer]> [Local Experience]に移動して、[Register Local Experience]を選択します。
  3. テストする起動URLを入力します。場合によっては、https://fruta.example.comのような単純なURLプレフィックスでも可能です。また、パスとクエリパラメータを含むより長い起動URLにすることもできます。
  4. App Clipのbundle IDを入力します。
  5. Title とSubtitle のテキストを入力します。Frutaサンプルコードプロジェクトの場合、タイトル[Order a smoothie.]とサブタイトル[It’s yummy!]を入力します。
  6. 行動を促すフレーズ(たとえばOpen)を選択します。。
  7. App Clipカードのヘッダー画像として使用する写真を選択します。

注意

テストデバイスでApp Clipのスキームを構築して実行し、デバイスにキャッシュするだけでなく、App Clipの.ipaファイルをデバイスに手動で追加することもできます。まず、App Clipの対応する完全なアプリをアーカイブします。次に、Xcodeの[Organizer]ウィンドウで、Ad Hoc またはDevelopment distribution にApp Clipのバイナリをエクスポートします。最後に、App Clipのエクスポートされた.ipaファイルを、Xcodeの[Devices and Simulators]ウィンドウで接続されているデバイスにドラッグします。

次のスクリーンショットは、iPhoneでローカルエクスペリエンスを構成するために使用するインターフェイスを示しています。

ローカルエクスペリエンスを構成するためのインターフェイスを示すiPhoneのスクリーンショット。 URLプレフィックスとしてhttps://example.comを使用し、バンドル識別子としてcom.example.app.clipを使用します。 ローカルエクスペリエンスのアプリクリップカードのタイトルはサンプルアプリ、サブタイトルは「ローカルアプリクリップエクスペリエンス」、行動を促すフレーズの動詞はオープンです。

ローカルエクスペリエンスを使用して起動をテストする

App Clipをテストするためにデバイスでローカルエクスペリエンスを構成したら、起動手段より App Clipを起動できます。ローカルエクスペリエンスでテストする起動に関係なく、上記のようにApp Clipがテストデバイスにキャッシュされていることを確認してください。App Clipがキャッシュされていることを確認するためにApp Clipを少なくとも1回起動したら、次の方法でApp Clipを起動します。

  • 作成したApp Clipコード、QRコード、またはNFCタグをスキャンして、ローカルエクスペリエンスを起動します。テスト用のApp Clip Codesの作成については、「Creating App Clip Codes with the App Clip Code Generator]を参照してください。QRコードを作成したり、NFCタグを記述したりするには、お気に入りのツールを使用します。
  • Webサイトに追加したスマートバナーをタップします。
  • Smart App バナーを表示するウェブサイトへのリンクを共有する。メッセージの送信者をテストデバイスの連絡先として追加したことを確認します。

Associated Domains Entitlementローカルエクスペリエンスを起動するために、App Clipを構成したりWebサイトに関連付けたりする必要はないことに注意してください。Webサイトまたはメッセージアプリからの起動のサポートの詳細については、WebサイトおよびメッセージアプリSupporting Invocations from Your Website and the Messages App.を参照してください。

ヒント

[設定] アプリを開き、[コントロールセンター]を選択して、コードスキャナーとNFCタグリーダーをコントロールセンターに追加します。

デバイスでローカルエクスペリエンスを構成する場合、ローカルエクスペリエンスは、App Store Connect で構成するApp Clipエクスペリエンスよりも優先されます。ただし、ローカルエクスペリエンスでは、Development、Ad Hoc、またはTestFlight配布用に署名されたApp Clipのみが起動されます。App Storeで公開されているApp Clipや完全なアプリを起動することはありません。App Store Connectで構成するApp Clipエクスペリエンスをテストする前に、ローカルエクスペリエンスを削除することを忘れないでください。

TestFlightでテスター向けのApp Clipエクスペリエンスを作成する

信頼できるユーザーエクスペリエンスはApp Clipsにとって非常に重要であり、すべてのユーザーフローとサポートされている起動をテストするために時間を費やす必要があります。App Clipが期待どおりに機能することを確認するために、TestFlightのテスターがApp Clipを利用できるようにすることができます。まず、App Clip付きのアプリをApp Store Connectにアップロードします。次に、App Store Connectで、アップロードされたビルドに移動します。[App Clip]セクションでは、テスト用に最大3つの異なるApp Clipエクスペリエンスを構成できます。

重要

ローカルエクスペリエンスとは異なり、TestFlightでテスター用のApp Clipエクスペリエンスを作成するには、App ClipをWebサイトに関連付ける必要があります。関連するドメインの構成の詳細については、「Associating Your App Clip with Your Website」を参照してください。

ユーザーはApp Clipをインストールせず、App Clipはホーム画面に表示されません。同様に、テスターはApp Clipのベータ版をインストールせず、ホーム画面にも表示されません。代わりに、テスターは、デバイス上のTestFlightを介してテスト用に構成したApp Clipエクスペリエンスを起動します。

App Store Connectでテストするためのエクスペリエンスの構成の詳細については、「Testing an App Clip Experience」を参照してください。

テスターは、TestFlightで配布するApp Clipを起動するようにローカルエクスペリエンスを構成することもできます。ただし、App ClipをWebサイトに関連付ける必要があります。さらに、テスターは、App Store Connectで構成したテストのために、App ClipエクスペリエンスからApp Clipを起動して、App Clipがデバイスにキャッシュされていることを確認する必要があります。

投稿者: admin

Free Software Engineer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です